のびのび日記

いらっしゃい!

俳優として、またクリエイターとしても尊敬しているお二人との共演が叶いました!!!


これは、是非ご覧いただきたい企画です。


ご連絡、お待ちしております。


IMG_8150.jpeg



2018.12.5~12.9

参宮橋トランスミッション

 

出演

西岡野人

染谷歩

佐川和正

 

2018

5( 水 )

14:00 / 19:00

6( 木 )

14:00 / 19:00

7( 金 )

14:00 / 19:00

8( 土 )

14:00 / 19:00

9( 日 )

14:00

 

全席自由 4,000円


IMG_8151.jpeg


合同企画合同でバラしました!
有難う御座いました♪
また新しいものがここから生まれます!!

トマトとブロッコリーにパスっ!!!
(まだ床に白い輪の跡が…)


IMG_7472

私達は、無事に千穐楽を迎えることが出来ました。
感謝です。
有難うございました。
私達の痕跡は根強く、アトリエに残りました(笑)

西岡野人IMG_7439

IMG_7423
IMG_7424


春到来ですね!

文学座4月アトリエの会『最後の炎』

に出演します。

ドイツの新進気鋭女性劇作家の作品を文学座新進気鋭の女性演出家が手掛けます!

演劇の持ち得る可能性がこれでもかと凝縮されていて、そこに立ち会うお客様にとっても、最高の演劇体験になるかと思います。

是非とも、ご覧いただきたい舞台です。

どうぞよろしくお願いします。




西岡野人




■あらすじ

紛争地域からの帰還兵がある町にやってきたところに、パトカーの追跡を振り切ろうと一台の自動車が猛スピードで通りかかった。たまたま道でサッカーをしていた子供が驚いて飛び出し、帰還兵の目の前でパトカーにはねられてしまう。事故死した子の家族、パトカーを運転していた女性警官、追跡を振り切った後自宅にひきこもる青年、青年に車を貸していた元教師、自分の爪を削り続ける帰還兵…。耐えきれない現実の痛みをやさしさで消し去ろうと絡み合う、無名の人々の愛の物語。


■出演

倉野章子/高橋紀恵/大場泰正/松井工/鬼頭典子/上田桃子/西岡野人/奥田一平


■スタッフ

作:デーア・ローアー 訳:新野守広  演出:生田みゆき 

美術:乘峯雅寛 照明:賀澤礼子 音響:藤田赤目 衣裳:伊藤早苗 舞台監督:黒木仁 


■会場:文学座アトリエ(JR信濃町駅より徒歩5分)


■チケット券種

前売:4,300円

ユースチケット:2,500円

※25歳以下、当日受付にて年齢証明必要

同窓生:4,000円

※文学座附属演劇研究所を卒業された方


■公演日時

2018年4月14日(土)〜4月28日(土)

4月14日(土)19:00

4月15日(日)14:00

4月16日(月)14:00

4月17日(火)14:00

4月18日(水)14:00/19:00★

4月19日(木)休演日

4月20日(金)14:00

4月21日(土)14:00

4月22日(日)14:00

4月23日(月)19:00★

4月24日(火)14:00

4月25日(水)14:00

4月26日(木)14:00/19:00

4月27日(金)19:00

4月28日(土)14:00

★=アフタートーク

※開場は開演の30分前


・4月18日(水)19時の回終演後 『ドイツ現代戯曲から見つめる“私たち”の現在(いま)』岡田利規(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰) × 生田みゆき(演出)


・4月23日(月)19時の回終演後『デーア・ローアーの劇世界』新野守広(翻訳) × 倉野章子 × 大場泰正 × 生田みゆき(演出)


■公演ホームページ           

http://www.bungakuza.com/saigonohono/index.html


大変にご無沙汰しております。
2017年の投稿がゼロのまま「のびのび日記」年越しするところでありました。
さらに言えば最後の更新が2016年の新年のご挨拶であるという、、、
不義理にしておりますこと、お詫び申し上げます。

この場を借りて、お詫びと生存のご報告、そしてお知らせをさせていただきたく存じます!!

はい。

有難いことに、
なんとかかんとか、芝居を続けさせていただいております。

「あなたにとって、石に齧りついてでも成し遂げたいことって何ですか?」

そんな質問は如何な採用試験でもなかなかされないでしょうけれど、
そんな
自問自答を繰り返して、ここまで来ました。来てしまいました。
僕にとってそれが「久保田万太郎作品」であるということは、数少ないこのブログの過去の投稿記事を振り返ってみましても明らかです。
はい。
齧り付くべき石と、齧り付く歯のある限りは、心に火を灯してまいります。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018年明けには是非、浅草でお会いしませう♪


文学座有志による久保田万太郎作品

「夜長」演出:鵜澤秀行

「あしかび」より演出:生田みゆき

 

出演

吉野由志子/本山可久子/中村彰男/西岡野人/相川春樹/宮澤和之/永川友里/鈴木亜希子 

菅野菜保之(特別出演)

 


[公演日時/アフターイベントの出演者]

 

1月26日(金)

14:00 幇間 桜川八好

1月26日(金)19:00 夜割★

1月27日(土)13:00

1月27日(土)17:00  菅野菜保之(朗読)

1月28日(日)11:00 浅草神社奉賛会会長

1月28日(日)15:00 鵜澤秀行(朗読)

1月29日(月)14:00 坂口 芳貞(朗読)

 

受付開始:開演の45分前 開場:受付の30分前

※アフターイベントは本編より休憩5分後開始予定 

[チケット] 12月1日より予約開始


チケット 一般:3000円 

一般夜割★:2700円 

台東区民割引:2500円 

 

カンフィティでのチケット予約

https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=42222


文学座有志による久保田万太郎作品 チケット係

電話:080-3670-8291

予約専用メール kenban.mantaro@gmail.com 

※お名前/日時/チケットの種類/枚数を明記の上、上記のメールアドレスに送信ください。 

こちらからの返信を持って予約完了とさせていただきます。 

なお、台東区割引チケットを予約された方は当日受付にて身分証明書を提示して頂きます。 

 

 

[会場] 浅草見番

江戸時代、観音様の参拝客への茶店から始まった浅草花柳界、その浅草芸者さんの連絡事務所。

普段一般公開されていないのでこの機会に是非・・。



紅茶にマドレーヌを浸すような時を求めて、青山へ。


そこには、様々な作品たちが息を潜めて待っていました。


sa-sa mongoloid イラストレーション展 「手続きのつづき」


sa-sa mongoloid (イラストレーション)+染谷歩(ペイントモデル)・遠藤真樹(撮影)


1月19〜24日 (火曜〜日曜)
11時〜19時(初日14時から/最終日17時まで)




2015年という年は、国内外、それから、僕の近しい所でも、出逢いや、別れ、再会、本当に色々あって、
考えや、行動が追いつかないまま、終わろうとしています。

後々振り返った時に、この年がひとつの節目になっているような気がしています。

唯、今は感じていることを大切に。

今年も大変お世話になりました。

皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

西岡野人




年末、28日の夜は、是非こちらをご覧くださいませ。

石原さとみさんがアフリカを9日間旅する、とても大切なメッセージが詰まったドキュメンタリー番組です。


http://www4.nhk.or.jp/P3831/

ナレーションという、貴重な機会をいただき、精一杯努めました。



年末、東京にいらっしゃる方。

27日は西麻布で、年忘れをしませんか?

スーパーデラックス今年の大取りはわくわくゾンビ!!
かなり楽しいことになりそうですよ!!

image


僕も渾身の一人コントをお披露目します!




わくわくゾンビプレゼンツ 
年末ジャンボリィ
ーおかわりはまた今度ー
2015/12/27(日) 

開場17:30 開演18:00

会場
SuperDeluxe

料金
前売り2500円
当日 3000円
※チケット料金の他に1ドリンクご注文頂きます

<出演>
SOY
鈴木亜希子Vo荒井友之Gt小浜絵美Key藤原健人Ba山内篤司Dr

欲望という名のブルースバンド
沢田冬樹bluesharp高田明大B宇賀啓祐Dr荒井友之Gt

上川路啓志 
斉藤祐一 
新宅一平 
田中宏樹 
千田美智子
西岡野人 
堀夏子 
山下彩子
わくわくゾンビダンサーズ

総合演出 稲葉賀恵 
照明 阪口美和 
音響 丸田裕也
チラシイラスト 荒井友之
チラシデザイン ツルタタツヤ



↑このページのトップヘ